チャーリーのほほんブログ

ブロガリからお引越し完了!大変でした \(ToT)/

少年犯罪をなくすには

日テレ「太田光の私が総理大臣になったら」を見ていた。

「少年犯罪の報道をなくせばいい」

「少年犯罪の報道をなくせば少年犯罪はなくなるのだ」

番組内でそう太田光爆笑問題)は言っていたのだが

やっぱりそれでは
なくならないと思った。

私の意見としては報道はやるべきだが
それは少年自身の生い立ちとかではなく

その親の事を報道するべきだと

思うのだ。



90%

親の責任だ

あとの10%は
本人と
周りの環境(親以外の)

だと、

今のところ思っています。

まだまだ考えが足りませんが。


※※※※※※※※※


実は私
カウンセラーの勉強を1年
やったことがあります(汗)

当時、カウンセラーに国家資格が与えられるとか
そんな話を聞き
前々から興味があったので
講習を受けに出かけたのです

ご立派な講師の面々だったらしいのですが


かなり…

下世話な講師の講義を聞き

「これが今のカウンセラーを教える講師であるならば

 日本でカウンセリングはメジャーにはならない」

アメリカなどでは

ちょっとしたことで

「カウンセリングを受けなさい」

そんな社会らしいし
それを受け入れているらしいのだが

日本ではこんなカウンセラーがカウンセリングをしている
そうであるなら
それは一般には受け入れられないし
信頼はできない

そう感じたから
1年でやめたのだった

唯一、いい先生がいて

その先生の講義はとてもいい勉強には、なったのだが

多分、カウンセラーになったら
カウンセリングをした相手を一生
カウンセリングに付き合わなければ
本当のカウンセリングにならないのではないか?
私の性格から・・・・

だったら夜も昼もない

日常にカウンセリング相手の事を考えてばかりで
自分自身の生活もままならない

でもそれはカウンセリングする相手が
親の代わりにカウンセラーに依存する形になるだけであって
自立には繋がらない
本当のカウンセリングは難しい…


そういうことで
やめてしまった

しかし

本当にカウンセリングが必要なのは
そのカウンセリングに来たその人だけではなく

その親(育てた人)

その人こそが一番カウンセリングの必要な人なのだ



親の生い立ち
親の今の状況

そんな事を報道することが
少年犯罪をなくす一番の報道ではないか?

今はそう思っております。

それ以外の方法があれば
また考えたいのですが
今の私にはそんなことしか
考え及ばない。


※※※※※※※※※※※


私は、小学1年の頃から高校卒業するまで
絵の教室に通っていた

そこの先生、
ひぐち先生とは
いまだに1,2ヶ月に1度は会う
そんな交流をしているのだが

ひぐち先生の昔の生徒で
離婚をしたばかりの女性が
小さな子供を連れ
離婚とその近況を報告に来られたという話を
10年くらい前に聞いた事がある

子供は5,6歳くらいで

その女性は離婚したばかりで
生活が苦しく

離婚した経緯
その後の苦悩など
面々とひぐち先生に話していて

子供は傍らで
絵本を見ていたり
人形で遊んだりと

話を聞いているのかいないのか

その女性が
離婚して苦しい生活状況に関して話し

「私の子供に生まれなければ
 こんな苦労はしなかっただろうに」

そう語っていたら

急にその子供が

「お母さん違うよ」

と言いだしたのだ

?????

ひぐち先生と女性はビックリして
子供に振り返ると
続けてこういったのだそうだ

「お母さんの子供にして下さいって
 何度もお願いして
 お母さんの子供にしてもらったんだよ」

なんの不思議もないその口で
淡々とそう、言った子供

ひぐち先生は何かの本でそう言う事があるって事を
知ってたそうで
その子供の
その言葉で
この言葉は本当なんだと
確信したそうだ。


子供は母親を選んで
その母親の子供として生まれてくるらしい

自分の選んだその母親に

その親に

人生をかけて生まれてくるのだ

親はその子供と一緒に
育たなければならない

親として
育たなければならないのだ


子供は親を選んで生まれてきます。

記憶がないだけで
その親を
母を
選んで生まれてくるのです。

(父も選ばれていると思うのですが
 世の中には予期せぬ受胎も多々あるので
 そのへんのところは
 どうなんでしょうか???)

環境をちゃんと選んで生まれてくるのです。

少年犯罪だけではなく
犯罪をなくすには

家族が
環境が

一番の考えるべきものだと思います。



カウンセリングは

むずかしい


日本に

カウンセリングは

育つのだろうか?????

今でも
そのへんがとてつもなく
おそろしい…

犯罪をなくす

それは

永遠になくなりそうもない

その前に
大人が大人にならなくっちゃいけない

自分も含めて。