読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャーリーのほほんブログ

ブロガリからお引越し完了!大変でした \(ToT)/

ハチミツとクローバー

ブロガリ2006
録画しておいた色々を
今日ジックリ観た


バラエティとか
いろいろあった中で
録画しつつ観ていた番組もあり
DVDに落としておくか悩んでいる

マイ★ボス マイ★ヒーロー
結婚できない男

う~~~~む
このドラマについては
また書く事があるかも…

そして・・・・・・・・・・・・・・

観る前から
多分泣いてしまうであろう
その番組を

期待と不安につつまれながら
観たのであった。
その番組とは

ハチミツとクローバー」(アニメ)

映画にもなったのだが

映画は未だ観てはいない



この番組を観ていたせいで

スネオヘアー
好きになってしまったワン(涙)

それはさておき

この
原作の漫画は

途中からしか読んでいません

詩歌を読むような
この漫画に惹かれ
最終回のインパクトのある台詞を

どう声優さんが声にするのであろう


楽しみでもあり

期待を外れるのでもあるのだろう

そう

肝に銘じて

録画番組を
観たのだったが







やっぱり
泣きました。





読んで欲しいイメージとは
全く違う
息づかいで&テンポで

読まれてしまったので

感情移入が出来そうもなさそうな
そんなアレだった訳ですが

何もかもを吹き飛ばす
言葉の力が
私を泣かせたのでした。

その台詞とは…



「ずっと考えていたんだ

 実らなかった 恋に 意味はあるのかなって

 消えてしまった もの は

 始めから 無かった もの と

 同じなのかなって」





「うまく行かなかった恋に

 意味は あるのかって

 消えて行って しまう もの は

 無かった もの と 同じなのかって…


(この言葉を語ってる男の子が
 新幹線に乗って旅立つところだった
 その場所にこの恋の相手の女の子が
 何かを手渡しに走ってきた

 新幹線に乗って

 その手渡されたものを広げたら
 それは食パン1斤まるまるのサンドウィッチだった

 サンドウィッチの具は
 四つ葉のクローバー

「ありったけの ありったけの 幸せを あなたに」

 女の子の気持ちをサンドウィッチから 受け取り

 サンドウィッチを 頬張りながら男の子 泣く)
 



 今ならわかる

 意味はある


 あったんだよ ここに」


(号泣!)


「時が過ぎて

 何もかもが 思い出になる日は きっとくる

 ─ でも

 ボクがいて 君がいて みんながいて

 たったひとつのものを探した

 あの奇跡のような 日々は

 いつまでも 甘い 痛みとともに

 胸の中の

 遠い場所で ずっと

 なつかしく まわりつづけるんだ…」




羽海野チカさん(漫画を描いた人)

ありがとう。(涙)