読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャーリーのほほんブログ

ブロガリからお引越し完了!大変でした \(ToT)/

ゴミを捨てられない人達

暑すぎる!!!

ちゅうことで土日以外の日に久しぶりにプールへ出かける。
(お盆休みだからいいっかてな事もあり)

しかし…

室内プールなのでか?

ヌルいお風呂か?!

ちゅうくらい泳ぐどころではない水温の高さに
諦めてただ、歩くだけに。

お盆の割に人の数は少なかったのだが
やっぱり子供客は多い

中学生か?小学校高学年か?ちゅう
女の子3人組が来ていたのだが
その女の子達が帰った直後更衣室に入ったら
長椅子の上にゴミ袋らしいものがポンと置かれている

透明のレジ袋だったので
中身がファンタグレープのペットボトルの空き瓶だとわかったので
その女の子達以外にそのゴミを置き去る人は居ないと思われた。
(だって60代以上のおばちゃんしか他にいなかったんだもん)

レジ袋の中を見てみると
サンドウィッチの空き袋とかが一緒に入っていた

そんなの食べるのもその子達以外にいなさそうだし
更衣室内では飲食禁止なんだっていつも来てる人なら知ってる事である。

シャワー室に行く前その子達が座っていた姿は見ていたし
濡れた水着のまま座っていたから椅子はビショビショだし

私が不快感を感じるものを他の人が感じない訳無いしと

常備してある更衣室の雑巾でフキフキ
ゴミ箱もほんの2.5m先にあるというのに
捨てないとは・・・・・・・・・・・・・・・

ゴミも私が捨てた。

どうしてこんな女の子達が育ったんだろう

・・・・・・・・親がこうなんだろうなぁとしか思えない。

街角のタバコの自販機前で買って直ぐペリペリめくって
そのまま道端にポイするサラリーマンよく見かけます

ああいうのが父親なんだろう

そう思ってしまうのは私だけ?

※※※※※※※※※※※※※※※※

ウチの家の前に10年くらい前に越してきた
当時小学生だった男の子は
ウチのガレージが開いているのがいい事に
友達を連れて来ちゃそこでお菓子やジュースを食い散らかしたまま
捨ててそのまま
自分のウチが目の前にあるのにね。
(でもそれがその子の仕業だと現場を見た訳ではないので
 注意出来ない私であったのだが)

それが毎日続いたのでガレージは常に閉めておかねばならなくなった。

いつか母親にあったら言うべきだと思っていたのだけれど
引っ越ししてきて挨拶しに来た訳でもない家だったし…
いつまで経ってもどの人が母親かはわからなかったのだワン…

で・・・・・・・・・・・・・・・

ある朝、5時過ぎにお外で大きな音がする

何事かと目が覚めてよくよくその音を聞いてみると
どうやら水を放水している音らしい事に気がついた
しかし

その音がいつまで経っても止まない・・・・・・・・・・・・・・・

不審に思い起きあがって外を覗いてみると

その男の子の母親らしき人が
水を熱心に一方向
放水し続けている

何だ???

よくよく見てみると
それは小さなゴミ袋が道に落ちているのだ

スーパーなんかにロールで置いてあるアレ

そいつがどうやら自分のウチの目の前に落ちていたらしい

それをウチの家の方へ水流で流して自分の家の前から押し出そうとしているのだ

手で拾って自分のウチに捨てるという考えはないらしい。

そのゴミ袋をウチの方へ押し出す為にどれだけの水が使われているかも
考えにないのだろう。

ああ、
こういう母親の子供だからアレなのか。

・・・・・・・・・・・・・・・

その小学生は今や高校を卒業して大学一年生になったらしい
小学生の頃から野球をやっているようなのだが

高校の頃から夜、お外に出てタバコを吹かしてらした…

当然の事なのか?

吸い殻はそのまま

ウチの家の前は吸い殻だらけになっているのだよ
今日もまたね…

今年のお正月前に綺麗に吸い殻を一つ一つ拾って捨てたけれど

その姿を見てはいなかったのか
綺麗になったのにも気づかなかったのか
また日々、増え続ける吸い殻に怒りを感じている毎日。

言っても無駄なのか?
なんだか空しいんだな
親が親なら子供も子供で
済ませていいものなのかどうなのか

困ったもんです。