読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャーリーのほほんブログ

ブロガリからお引越し完了!大変でした \(ToT)/

まじめな話。

今日の2つの怒り・・・・・・・・・

いつものように土曜のお決まり
プールへ出かけ、あと25m泳げば1キロ。
というところで

監視員?プールの従業員?
まぁ、何者なのかはよくわからないが
いつもプールサイドにいるお兄ちゃんに
泳いでいる途中、ターンするところでターンする手をトントンされ
おまけに「チャーリーさんチャーリーさん(実際は本名)」と大きく声かけられ
止まることに。
何を言っているかはよく聞こえなかったのだが
連続して泳いでいる人を呼び止めるって事はこのコースを空けろって事なんだろうと
仕方なしに泳ぎを止めて水中歩行をすることに。

いつもなら2キロ泳ぐ筈なんだが
水泳教室が始まるのなら仕方ないか・・・・・

そう思い泳ぐのを止めたのだが
そのコースで同じように泳いでいた小学生高学年の男の子だけ
そのまま泳ぎ続けている・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

誰もその子を止めようともしないし・・・・・・

え?!

もしかしてその子より泳ぐのが遅いので隣で泳げっていう事を伝えるために止められた訳?!

私が泳いでいたコースは「どんどん泳ぐコース」

遅いから退いてくれって事だったのかい?!

いろんなモヤモヤが沸き立ちつつ
怒りを何処にもぶつけられもせず
泳げないままプールから出たのだが
私より遅いおっちゃんがいったんコースを外れたのに
また戻ってそのまま泳いでいたのも怒りが収まらない一因ではあった。

プールから出てシャワーを浴びる前に更衣室で会ったおばちゃんについつい愚痴を。

シャワーから出ていったん口にした愚痴が煮え切らず
沸々している状況で更衣室から出てプールの受付に出ると
私を止めたあのお兄ちゃんが座っていた

沸々した状態でまた明日もここへ来る気はしないし
「どうしてあの時止められたのですか」と聞いたら

「(泳ぐ)フリースペースが増えたんですって事伝えようと云々・・・・・」

え?!

滑舌が悪いお兄ちゃんで最後までちゃんと聞き取れなかったけれど
そんな事で止まらずに泳いでいる人間を呼び止めたのかい?!

「泳いでいる途中で呼び止められたらもうここで泳ぐなって事と思って泳がなかったのに!」

そう言って絶句・・・・・・・・・・・・

私が泳いでいるところには全く関係のない事で呼び止めただけらしいことを知り
怒りがピークに。

土日しか泳ぎに来ない私が
2キロ泳ぐのには、かなりの葛藤があり
止まらずに泳ぐのがモチベーションを下げずに続けられる一つの光であったのに。

そんな下らないことで呼び止められたの?

怒りのぶつけようがない・・・・・・・・・

だってその事を伝えたお兄ちゃんはその時初めてちゃんと会話したのだが
日本語がたどたどしい人だったのだ(涙)
(いや、ふつうの日本の人かも知れないけれど滑舌悪すぎ!)

怒れる獅子のまま
そのまま
おうちへ帰った私であった。



お昼過ぎ、

晩ご飯の買い物へ行かねばと
近所のスーパーへ出かけたのだが
目的であった商品がもう、売り切れていたのだった(涙)

仕方ないなぁ

そう思いながら買い物をしてレジに並んだ。

買い物の金額は2154円
千円札が1枚しかなかったので五千円札を出し
10円玉の小銭が財布に多かったので55円出したつもりだったのだが
端数が154円、100円玉もあったので慌てて100円出した

三千円と1円おつりとして戻ってくると思っていたのだが
おつりは2996円!

「え?!」

どういうこと?!

「155円出しましたよね」というと

「150円でした」って

「言ってくれればいいのに!」と10円玉をレジのお姉ちゃんに見せながら震えてた私

よくよく考えると5円玉が2枚財布に入っていたのは覚えていたのだが
それをその時点ではすっぱり忘れていたのだった
(5円玉2枚を出して50円を出してたんだわ、財布にはまだ10円玉4枚あったのに!)

残り100円玉の小銭まで出してるお客に対して
どうして「5円足りないんですが」と聞けないの?!

接客の対応が本当に下手くそ。

プールのお兄ちゃんもそう。

言葉が足りなさすぎるんや~~~(涙)

小さいことやけど
こんな小さな事が今現在起こってる事件を表していることのような気がします。

会話さえちゃんとあれば
簡単に人を殺したりは出来ないのだ

言葉を尽くせばその人となりがわかって興味もわき
理解もしようとする筈なのだ

そんな会話が出来ない怒りだけを持つだけの間柄では
簡単に人を殺せるんではないか?

そう、今日の出来事で思った私であった。



なんでこんなしょうもないことで怒っているんかと思う人もいるかも知れませんが
それには大きな理由があります。

それは私もレジに立つことがあるから。

なのです・・・・・・・・・

昔、20代の頃コンビニでバイトしていたことがあったのですが
暇な時間帯って事もあったのか?
結構お客さんとお話ししていた店員だった。

端数が6円だったりすると6円は無くても
1円は財布に入ってたりする

「1円あったら出してくださると有り難いんですが」

そう一声かける店員であった。

未だに鶴橋で仕事する際たまにレジに立つとそんな事をお客さんに呼びかける

この一声で両替をする枚数がどれだけ減ることか。

買い物客にとっても店の店主にとっても
助かる一言なのにそれが出来ている店に行ったことは未だない

私がレジに立っている時だけそれが成り立っているのだが
そんな事をマニュアル化している店はないのだ

小銭を両替するにも今や手数料がかかる。

客との小さな会話でそれが減ることがどれだけ大事なのかを知る経営者は少ない

そんな事まで考えながら今日一日過ごしていたら
やっとこさ怒りが消えた。
もっと私は仕事すべきなのか???

この現代に必要なことは人との会話なのに
会話の出来る人が少ないのが途轍もなく恐ろしい

会話教室でも開くべきなのか?
(やらんけどね~~~仕事にするのは、まっぴら)

あなたは今日、誰と、どれだけ
お話ししましたか?

人と会話するという楽しみを
どれだけ知っていますか???

人と会話して人を知ると
もっと人を知りたくなる

互いに知り合いたくなる
そんな出会いをちゃんと知れば
人は人を殺したりはしない

人は人を殺さない

そんな世界を
作れるなら何でもしたいと思うよ。