チャーリーのほほんブログ

ブロガリからお引越し完了!大変でした \(ToT)/

2009大食い爆食女王戦 観戦記後半

決勝前夜
宿泊先のシェラトン オン ザ パークにて

恒例の深夜インタビュー

まず最初は初めてのファイナリスト
バイリンガル梅村こと梅村鈴さんから
(いや、今やバイリンガルより「梅ちゃん」の方がしっくりくるわ)

バナナを食べてるショットが映る…
それは~~~~。
どうなんだ???(笑)

初めての決勝戦、
一回戦から準決勝までは全て45分勝負ですが
決勝戦は初めて戦う梅ちゃんにとって60分勝負は未知数。
心配はないのか?
中村さんから聞かれ

「いままで45分で戦ってきてじゃ長いなって感じた事はなくてむしろ
 もうちょっと長い方がいいかなって感じはしてるので
 特に1時間てゆう時間にまったく恐怖感はないですね」

おおお!梅ちゃん、頼もしい発言。
しかし~~~、
その増えた15分こそが
決勝戦の醍醐味を感じる15分なのだ~~~!

心して戦ってね。

続いてのインタビューはトライアスロン正司こと正司優子さん

今回の大会ではバッチリとメイクして戦っている正司さん
化粧直しをしているショットからそのままインタビューへ
(取れた差し歯を気にしている姿までも撮っていた!)

なんじゃかんじゃいっても3年連続決勝進出を勝ち取った正司さん

「あの二人よりは確実に経験は多いですよね
 なので、策はあります」

そうだったっけ
3年連続だったか~~~
続く魔女!菅原こと菅原初代45歳子連れ大食い

長い看板背負ってはるわ~~~(笑)
え?私が書いてるだけって?
まぁ、コレ書かないと
ロケ先オーストラリアにも実費で連れて来てるんだから…
(たしか前回もそうだったし…番組がお金出してないよね?!
 子供さんの分は???)

2連覇を果たした菅原さん
今回の戦いこそもう一度ギャル曽根と戦いたかったのだろうけれど~~~

・・・・・というのも、書いてなかったんですが
試合前に番組推薦枠としてギャル曽根を紹介する際
菅原さんと一緒に東京でランチするVTRがあったのね
その時、「この人は他の人と違う」って菅原さん言ってたの。
ちゃんとライバルとして認めていた分、
その人がまさかの準々決勝で負けちゃって
ちょっと拍子抜けしているのかも???

ストレッチ?するショットが映し出され
インタビューが始まる(笑)

なぜかベットの上で正座して

「お疲れ様でした」

挨拶しあう二人だった…

「菅原さんはこのさきどこへ向かおうとしているの?」

そうだ、私も知りたいッスよ(笑)

「いや特に~~ないんですけど
 ただ 負けて、この人にだったら負けて仕方ないなっていう思いで、辞めていきたいなぁって」

「はぁ~~~なるほど敗れて去りたい」

「その人がいるんだって思って、その人に拍手を送る気持ちで去りたいとか思って」

まさかの発言…。

そういやなんか変なハイテンションぶりの数々

これを最後にしたいって思ってたのかな???

2009年3月2日決勝当日

「決勝と言えばアレですね」とホテルから出発

シドニー、ボンダイジャンクション
ジャパニーズヌードルショップ 一番星
1日限定15食しか作らないとんこつラーメン

それで決勝戦するらしい…

15食しかいつもは作らないのになんで?!
(さっするに…オーストラリア人向きではないのかな、とんこつスープ)

しかも店前での決勝ってなんか新鮮。
大通りなのでギャラリーも多くなるのではないでしょうか???

決勝戦、激熱とんこつラーメン60分勝負 15:00
(やけど防止のためスープは飲み干さなくっていいのだ)

菅原さんがやけに飛ばしています

前日、ああは言ったものの

「この人になら」って人が居ないようなら私が勝つ!

そういう感じなのかも?!

2分16秒で2杯もう完食しています!
首の後ろにはもう凍りタオルかけてるし
(熱さ防止用、梅ちゃんも最初からかけてました)

この日のシドニーは気温27度。

寒い日本から季節は反対の南半球ですから
額にはもうすでに汗です。

「おかわりください」

3杯目3分29秒で完食した菅原さん

「コレ(凍りタオル)もっと持ってきてください」とタオルもおかわり!

ギャル曽根が甲斐甲斐しく凍りタオルを菅原さんの首にかけてあげてます

5分経過で菅原さん4杯、梅ちゃん3杯、正司さん2杯

60分勝負ですからね

すでにハナタレ小僧状態の菅原さんです(笑)
最近はちゃんと割とフキフキしてる常に垂れ流し状態ではないんですけど(涙)

8杯10分14秒完食直後にすでにクマ落とし
(胃の内容物を腸に落とそうと身体を上下に揺さぶる行動をそう呼んでいます)

「どこかおかしい」

ナレーションのささきいさおさんの声が入る

え?
やっぱり何かが起こるのか?!

たしかに飛ばし過ぎである

9杯11分54秒で完食、

「おかわりくださぁい!」妙なハイテンションぶりである…。

2位の梅ちゃんに2杯差をつけている

いや、60分勝負なんだよ

これはどこかで止まってしまうのか???

最下位の正司さんは6杯14分3秒で完食、

そうです
まだ45分以上時間は残っているのです
焦る事はまだない筈、正司さんは冷静です。

CM明け20分経過

菅原さんは14杯、しきりにクマ落としをしもって食べ進めています
異様です!

「タオルお願いしま~す、凍りタオル」

ギャル曽根こと曽根菜津子甲斐甲斐しくお世話係として働いていますが
タオルを首にかける際
菅原さんが小さな声で「ありがとう」って言ったのがなんか気になったよう

競技中には競技に集中する人なのに変ですもん

15杯24分33秒で完食

横の梅ちゃんが13杯目を食べてる姿をしばし見つめる菅原さん

目がなんか虚ろなんですけど

梅ちゃん13杯25分10秒で完食、
続く正司さん10杯28分25秒で完食

そうまだ時間は半分も経ってないのだ。

麺を冷ませるために正司さんが箸を高く上げ揺らしていると
横の菅原さんが身体を横に激しく揺らしています
やっぱり変だ。

「菅原さんは昨日の深夜インタビューで私を負かしてくれて
 負けて去りたいそう言っていました
 私は負けたい、私を見事負けさせてほしい
 さぁどうなるんでしょうか

 菅原さんを負かすことができるんでしょうか」

中村さんの言葉に

正司さん小刻みに頷いていました

残り30分、
折り返し時間で菅原さん17杯、梅ちゃん14杯、正司さん10杯

魔の15分はこれから先に待ってます

「菅原さん腹何分目ですか」の問いかけに

「6分目です」と・・・・・・・弱気です、なんだか弱気です

梅ちゃんは「右に同じです」といい

正司さんに至っては「100%です」って!

「もう腹一杯?!」って中村さんがビックリするも

「100%空です!」

んな訳ないだろ!
って思うところですが
正司さんの意気込みが伝わってきます。

「残り時間は25分」

とここで中村さんギャル曽根にインタビュー

「今菅原さんとか梅ちゃんがこの段階で腹6分目つったのは
 正直に聞いていいもんなんでしょうかね」

「いや~、半分見栄です」

ギャル曽根がそう言ってますけどと菅原さんにふると

「いっぱいいっぱいです」といつになく素直な菅原さんが。

梅ちゃんはどうですかと梅ちゃんにマイクを向けると

「まいったな、もう」と舌を出してお腹一杯な事梅ちゃんまで言っちゃうし

「まだ22分あります」

正司さんにもマイクを向けると

一言「美味し」と笑った。

18杯完食した菅原さんの手が止まりがちに

そして15杯完食している梅ちゃんの手が残り21分止まる
クマ落とししてるんだけど
60分勝負は厳しいね。

13杯39分29秒で完食した正司さん

まだトップ菅原さんとか5杯差あるけれど
どうなる???

梅ちゃん立ってランニング、クマ落としするほど食べた事なかったんだろう

落とせるのか?

まだ魔の15分が残っているよ~~~

14杯46分2秒で正司さん完食

食べ続けているのは正司さんだけ

いや、長い間箸を持ち上げたまま止まっていた菅原さんの
手がようやく上下に動いた

19杯48分14秒完食!

引退するのは勝ってからにしたらどう?
ジャイアント白田もドクター西川も勝って辞めたじゃない

45歳でしょ?そういや赤阪尊子さんもそれくらいの年で辞めたのだっけ?

でもまだ若いじゃない。

20杯50分55秒で完食!

残り10分を切ってピョンピョン飛び跳ねてまだ食べる場所に戻れない梅ちゃん

気合いを入れなおしたか?菅原さん

菅原20杯の声を聞いて梅ちゃんが職場復帰?!
食べ始めました♪

(そうこなくっちゃ)

菅原さんの声が聞こえてきそう

食べ始めた梅ちゃんの姿を横目に見て頷いていました。

16杯52分33秒完食の梅ちゃん

続いて15杯54分28秒で完食の正司さん

二人の姿を見て満足げな菅原さん
そこで21杯55分1秒で完食を果たしました。

ギャル曽根とアンジェラ佐藤さんがその姿をじっと見つめています

ラーメンだけならギャル曽根も菅原さん勝てるのかも知れない

でも全ての戦いを勝ち進めてこそこの決勝の舞台に立てるのだ
ファイナリストがその舞台で60分箸を止めることなく食べ進めることが
大食いの醍醐味なのだ

ずっと止まることなく食べ続けてくれてありがとう、正司さん

気がつけば周りは日本人観光客のギャラリーで埋め尽くされ

「がんばれ~~~」と日本語の声援が飛ぶ

59分48秒で22杯完食の菅原さん

「おかわりくださ~~~い」と手を挙げる

カウントダウンが始まっても誰も手を止めない
食い進めていく

「2009年爆食女王は菅原さんだ~~~!」

見事な戦いでした。
途中どうなる事かと思ったけれど

負けて去るのは止めておきましょうよ。

菅原初代45歳、
女王戦史上初めてのラーメン22杯、
しかも完全優勝のおまけつき

2位・梅村鈴 17杯
3位・正司優子15杯

見ごたえのある戦いでした
女王戦あまり興味ないって言ってごめんなさいね

「私を気持ちよく負かせてって言ってたのに」と中村さんが言うと

「初めに思ってたのとは違う
 楽しい戦いになりました
 皆さんに感謝したいです」

殊勝な言葉が彼女から出たのはホントびっくりです。

いつまでも「かかってこいや」って挑戦的な菅原さんでいてくれないと
女王戦おもしろくないよ。

「やっぱりこの熱い中でこの熱いラーメンを22杯食べるのは
 やっぱりスゴイなと思います菅原さん
 でも私がここでラーメン食べてたら30杯いってたと思います」

ギャル曽根のこれはリップサービスです。

「なんであんたがここにこなかったんだ!じゃ~!」と中村さんに突っ込まれる

お世話係・アンジェラ佐藤さんも号泣、

「お疲れ!」

ギャル曽根が菅原さんの肩をポンとして
すがすがしい幕切れ

戦った3人は笑顔だった。

この3日間観戦記書くにあたり眠れず、夜中の2時3時に目が覚め
VTRを巻き戻しては観つつコツコツ書き進めアップしてまいりました
今日は3時に目覚めてもう陽は明けて7時
朝ごはんの準備が待っているので失礼します。

大食い選手の皆さん、感謝感謝です!

そしてここへ来て下さった皆さん
読んで下さってありがとう♪