チャーリーのほほんブログ

ブロガリからお引越し完了!大変でした \(ToT)/

いろんな人がいるんだね

メル友オバちゃんが

「毎日10分でもいいから泳ぐといいよ」
(水に慣れるというのと
 覚えた泳ぎを忘れないようにという理由があるらしい)

そうか~~~

ちょっとの時間でも泳ぎに行けばいいんだ。

その教えを守ってみようかと
プールに行くことにしたのだが

なんだろう
普段鳴らない電話がよく鳴り

最近よく鳴るイタ電とともに
注文の電話が2本

バタバタしているうちに12時を回り

いったん諦めたものの
昼食を食べてからちょっと元気が出てきたので

「ちょっと行って来るわ」

と14時過ぎ
プールに到着。

夏休みの割に子供客が少ない!!!

これは泳げるかも?!

そう思ったのもつかの間

1コースが歩く教室に場所取りされ

泳いでいる面々もよく分からない知らない方ばかりの中に
あまり…お近づきになりたくない御仁がおられ

遠慮して泳がなかった(涙)

まぁ、歩いて
ちょっと腕の動きだけでも少し練習出来ればいいや
歩くコースの人も少ないし


と。

歩くこと15分くらい
それからプールの端っこで
ストレッチをゆっくりしてからしばし腕の動きを入念にチェックしていたのだが

一段落してから
またゆっくりストレッチしていると

水中歩行していたオジサンが
私の横に来て
自分も足のストレッチをしながら一言

「ここは歩くコースやから
 そんなんするんやったら隣のコースでやれ」

と始めっから私をバカ者扱いだったのだろうか?
注意する気満々で話し出したのだった

たしかに。

この時間に来たのは初めてだが

普段からコースの端っこでストレッチするのがほぼプールでの日課になっており
(暑いからプールの水温も若干熱く
 泳ぐと下手に体力を消耗するのもあって全く泳がない日も多いのだ)

プールの指導員から
プールの端でするストレッチを
注意された事は一度もないのだが。

そう、歩くコースの横のコースはフリースペースなので
普段ならストレッチする際そちらですることも多い

しかし
今は夏休み。

今日その時間帯にたまたま子供は2人しかそのコースで泳いでいないものの
それ以外には泳ぎの練習をしているオバサンが1人

「隣のコースは子供の泳ぐコースだから」というと

「今日はなってないやろ」とまた一言

オジサンがしている足のストレッチと
私がしているストレッチは
こっちがいろいろやってるバリエーションが多いだけであって
同じストレッチなのだがなぁ…

(指導員にも注意されたこと無いんだけど)

「そんなん言われたん初めてですわ」というと

「そんなん言うたん初めてやわ」とまた一言多い…。

こういう輩はもうつつかない方がいい。

てゆうか
なんでケンカ腰なんや?

多分もうこの時間帯には2度と来ないが
社会性のない老人が多い気がするのは気のせいではないようだ。

注意するだけ言い放って言いっぱなしって老人は多い。

プールに来てはしゃぐ子供は多い

はしゃがない方がおかしいと思うのだが
(よほどの水嫌いでない限り…嫌いなら来ないと思うけど)
それに文句を言う人の多いこと。

昔のように子供だけで外に遊びに行くとか
なかなか難しいご時世だ

夏場のこんな時期だけ来る子供なんだし
少子化だし

元気な子供の姿を見て元気をもらえばいいのにと
思うんだが
そうでない人も多いようで

文句言う訳なんだけれど

それとは関係ないようだが
人に文句を言うのが多い人が多いんだ。

文句ばかり言うので
まわりの人が挨拶しなくなってくる

誰も近づかなくなってくる
というか姿を見ると蜘蛛の子を散らしたように人が避けていく

…そういう感じでプールに来なくなった人も多いんだ

どうせプールに来るなら気持ちよく挨拶したいんだが
…難しいね。

初めて話す人なのに最初からケンカ腰だっちゅうのは
笑って挨拶できる状況にはなかなかなりません
まだまだそこまで修行が足りてないですわ、私には。

結局この日はそのあと泳ぎもせず
しかし、歩くのを止めるのも馬鹿らしい

一切そのオジサンとはそれから話すことも
目を合わすこともしないまま
黙って20分歩き続けたわ

その際分かったことだが
そのオジサンは25m歩くたびに
端っこでいちいちストレッチしていたのだ

その一つの端っこを私に占拠されていたのが気に入らなかったらしいと
後で気がついたのだが

「(ストレッチするから)場所空けてくれ」とそっけなくでも言ってくれれば

それで済んだものの
ケンカ腰なんだもの。

人と話す機会があんまりなく過ごしているんだろうと
推察される。

悪化する一方なんだろうな
あのままでは。

公共の場なんだから譲り合えばいいんだもん
相手の様子をしばらく見てからでも
話しかけるのは遅くないんだが

自分のことで精一杯なんだな。

25m歩くたびに自分の調子を狂わされたので
気に食わなかったんだと分かったけれど

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

う~~~む。

それと同じとは言い難いが
帰りの更衣室でオバちゃんが言い放った言葉がこれまた困ったものだった。

夏休みに入ってからというもの子供が多いので大変らしいのだが

「この辺の子供は育ちが良いから
(嫌味なのだねこの「育ち」っていうのは)
もう~~~!!!、ビデオに撮って見せてやりたいわ親に!」

そのオバちゃんが言うその子供たちの親の世代は
そのオバちゃんたちが育てた子供たちの世代ではないのかい?

下手するとそのオバちゃんの孫世代なのか?

文句を言える立場なんだろうかと
私は思うのだが

思わないのだね。

まぁ…
いろいろ考えるのにはいい時間だったのかもね。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


ところで

ここんトコ、イタ電が頻繁に入ってくるのだが
(無言で切られる)

ウチの電話はナンバーディスプレイ。

非通知電話は自動的に入らないようになっているのだが
着信記録を見るとイタ電が入る前には何度か
分刻みで非通知の着信が大量に入っていた時期があり
何なんだろうと思っていたのだが
着信記録を見て推理出来たのだ。

イタ電の電話番号は毎度違うのだが
下1ケタだけが違うだけの番号なのだ

つまり、
多分どっかのセールス関係のテレフォンアポの仕事なんだろうけれど
何度かけても非通知で自動で切られてしまう電話先(つまりウチの番号ね)
非通知だから受け取り拒否だと分かり
自分のかけている電話機の非通知設定を切ってからワザワザかけてきて
今までの(受け取り拒否に関して)恨み?なのかなんなのか
こっちが出たのを確認してから切りやがる。

それがここ1週間続いている…

なんてひどいバイトを雇っているテレフォンアポイントの仕事なんだ。
バイトでしょうね?正社員だとは思いたくありません!!!)

一度きりのいい番号があったので
それがその会社の代表番号なんだろうけれど
そこにかけて文句を言おうかと思ったりもしたのだが

これをまた逆恨みされてしつこくイタ電され続けても又困る。

だって1週間もすでに続けてやってる人なんだもん。

根本的に何かがおかしいわ(涙)