読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャーリーのほほんブログ

ブロガリからお引越し完了!大変でした \(ToT)/

いろいろ、考えるところありまして。

昨日は久しぶりにみよちゃんと一杯。

いろいろ話したが
さすが、長年の友人でもあり
同じように接客業を長くしていた友人なもので

ワタクシがいろいろ、
ここ半年、悩まされてきたいろいろを話すと
ワタクシと同じ感想を感じ入ってくれ
…それより何より、そこまでやる必要なし!
と、明確な感想を言ってくれたので

今までのアレコレがスーーーーーーっと消えた感じ。

さすが!長年の友よ(ToT)

判ってくれる友がいる、それってとても有難い事なんだと
正直、安心しました。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


まぁみよちゃんの新しい職場の勘違い主婦の話も
ここでは話せないけれど(^^ゞ
みんないろんなモンスターと闘っているんだねぇ…
相手にとってはこっちがモンスターなんだろうけれど
まぁ…ちょっと気が済んだので
あと4ヶ月、怒らず放置することにした。

ワタクシはもう怒らない。
上司がどうにかすべきことなのだ
ええ、やらかしたことは逐一話しますがね。

いや、ホントこの間また、
やらかしたんですよ(T_T)

ウチの売店は全国から本の注文も受けているのですが
北海道からFAXでの注文をヤツが
「発送しますから置いてて下さい」って書いてたので
まぁ、放っておこうと思いきや
とりあえずお客様のFAXの内容だけチェックしたのだが

驚愕!!!

まぁ・・・・・お客様の書き方も悪いっちゃぁ悪いんだけど
簡略に書くと
「2013年度版の本はアマゾンのであるので
 ちがうのを送ってください」
と書かれていたのだが
ヤツはインターネットを一切しないのでそもそもアマゾンが判っていない…。

そう、アマゾンで2013年度版は手に入るからそっちしかないなら
アマゾンで注文するから2014年度版とかあれば欲しいって事なんでしょうな
しかし・・・・・・・、
ヤツはウチの売店にある2013年度版を送ろうとしていたのである・・・・・・・・。

ワタクシ、
「2013年度版は手に入るから違うの送ってくれって事やと思うで
 一度連絡してみて」
そういって帰ったのだが
次の日、気になってどうなったのかと聞くと
「キャンセルでした、でも違う注文が在ったからそっちに回しました♪」

まるでプラマイ0になったかのように云うモンスターに
もう、一言も云い返す気になれず
押し黙って、すぐに上司に連絡。

もしあれをヤツが送っていたとしたら
北海道までの送料、代引手数料が無駄な上に
北海道くんだりから苦情の電話&
本の代金、送料、代引手数料をお客様に返還せねばなりません
怒ったお客様から間違えて送った本を着払いで送り返してもらうにしても
わざわざ送り返してもらわなければならない事、
どれだけの被害があったか

判らないでいるあのモンスターが怖いんだ。

もう、何も言わないよ
上司が叱らないとどうしようもないよ。
会社がどうなろうとも
ワタクシにはもうこれ以上身体と心壊してられないもの。

4月までなんとか。
怒らないでいられますように。
放っておけますように。

なんだか後ろ向きだが
まぁ、ちゃんと報告だけはしておくから
ワタクシが叱らずに済む方法で
乗り切りたいなぁ…
黙っていられるかなぁ(T_T)